はじめに

難聴は加齢とともに出てくる症状だけではなく、赤ちゃんがお母さんの胎内にいるときにも発症する場合もあります。出生後も色々な病気で難聴が起こります。

治療で聴力が回復する病気もありますが、もしも難聴が改善しなくて日常会話などに支障があれば補聴器などの聴覚支援機器が必要となります。

耳鼻科できちんと聴力検査や言葉の聞き取りの検査を受けてからその方にあった対策を考えましょう。

また難聴は認知症の原因や進行を早めることもあります。なお、自民党の中には難聴対策推進議員連盟が作られています(下記)。

お知らせ

ヒアリングフレイル(聞き取る能力の衰え)の予防とチェック(聴力測定アプリ)「もじゃもじゃ先生の耳の研究所」

難聴対策推進議員連盟(第14回福與和正会長出席)

難聴対策推進議員連盟(参議院議員自見はなこ先生ホームページより)

国民生活センターに寄せられた補聴器関連の相談事例が紹介されています。